更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2017.12.26
 
Rトピックス
超個人主義系シェア工房のススメ
土中 萌(大阪R不動産/アートアンドクラフト)
 

町工場や長屋が軒を連ね下町らしい景色が残る西区九条。その一画に長屋を改修した秘密基地のような場所があります。開放的な空間もシェアの距離感も心地良いシェア工房、「FRAME」を訪れてきました。

見た目からはそこがクリエーションの場とは気づきにくい。

始まりは物件との出会いから

改修時の様子。それぞれのメンバーが仲間を連れてきて約5カ月にわたりDIYで作業を行った。

100平米近い風呂無し長屋。普通にリフォームしたところで住む人がいるとは思えないし、とはいえ4軒長屋の真ん中の区画なので解体することもできない。何か活用方法がないだろうかと相談を受けた梅山晃佑さん(※梅山さんは空堀でコワーキングスペース「往来」の運営や長屋活用に関わられています)から情報を得て集まった人たちがこの場所にやってきたのが2013年。

シェア工房、「FRAME」の仲間たち。左から順に池内さん、武田さん、中津さん、坪田さん、山重さん。

「『自分の場所が欲しい』という人たちが10人ほど見にきていたのですがいざ改修を始める段階で残っていたのは、『こんなスペースが欲しい』という広さや使い勝手のイメージを具体的にかつ切実に描けているメンバーでした」

「躯体の補強に関しては大家さんにもだいぶ費用負担していただきましたね。
大家負担での工事にあたってちょっと特殊だったのはFRAMEメンバーの坪田さんが可能な限り現場に立ち会い、古材を産廃にするのではなく改修時の材料として置いておいてもらったこと」と池内さん。

改修完了直後のFRAMEの様子。

例えば1階の土間部分では解体作業までは大家側、土間打ちからは借主側と行った線引きが、工事が進行する中で話し合いながら決められたというから驚き。
「当時は打ち合わせしてたら大家さんがチャーハンやお好み焼きを差し入れに持ってきてくれたり(笑)」近所に住む大家さんとそんな関係を築けたのは、自ら身銭を切り、体も張って長屋を再生するFRAMEメンバーの姿勢を見てくれていたからかもしれません。

少数精鋭のシェアメンバー

革製品を製作されている山重さん作業風景。

物件を借りるにあたっての大家さんとの交渉やシェア空間としての運営ルールの設定、仲間を集めての改修工事。その最中に紆余曲折があったとは言え、こうして今まで上手く運営が続いているのは、集まっているメンバーが個性的で、なおかつそれぞれ際立った得意分野を持っていたから。空間設計と工事の段取りなら坪田さん、金銭的なネゴシエーションやルールづくりは池内さん。革製品の製作をされている山重さんは元家具職人で手先が器用、染め職人の北川さんはチームのムードメーカー。(※北川さんは初期メンバーであり現メンバーではありません)

坪田さん:「(場づくりが)成功する要素は揃っていたかも。DIYで本当に全部できるだろうかという不安はなかった」

工業設計に携わる中津さんと空間設計を生業とする坪田さんはこの場所で木工作業を行うことも多い。

その後メンバーに加入した中津さんも、ものづくりのプロ。アイデアはあるけど量産方法がわからないデザイナーと、技術はあるけど新しい商品への対応方法がわからない工場の方の話をつなぐ仕事をしています。一番最近加入された武田さんは薬剤師でありながらハーブやアロマのブレンダーをされていて、不定期ですがFRAMEのキッチンをシェアするメンバーです。

メンバー全員、聞くと話が尽きないほど面白い取り組みをされているのですがこの記事では到底お伝えしきれないので、ぜひ直接会いに行ってほしいと思います。

干渉しない心地よさ

今回新たにメンバーを募集するにあたって用意されたスペース。

FRAMEが持つ、他のシェアアトリエにはない特徴って何でしょう。
「シェアスペースってその場でのコラボレーションを促したり大家がコンセプトを掲げてこんな人に来て欲しいということを謳っている場合が少なくない気がするけど、FRAMEはあくまで個人同士で、作業場や仕事場を安い価格で主体的に共同運営しようとしているのが一番の売り。仲良くはするけどコラボレーションが必須だとは思っていない」
と池内さん。さらに坪田さんはこう語る。

2階は現在坪田さんと中津さんのデスクがある。

「管理者とか運営者がいてそこに入居する、というのではなく全員が対等な立場である共同運営というかたちなんですね。どんなこともみんなの合意で決めていく。きっちり管理されているシェアスペースより、加入するハードルは正直高いかもしれませんが、『こういう空間をつくっていきたい』という話を一緒にできる人は楽しめると思います」「大前提としてはそれぞれの場所なわけですから自分で好きにやってください、みたいな感覚がお互いにある(笑)だから自分のものづくりや好きなことに集中したいっていう人にはすごくいい場所だと思います」

シェア工房FRAMEはそれぞれが超個人主義だからこそ、お互い譲り合い尊敬し合っている関係が端から見てもとても居心地良さそうな場所でした。「シェアすること」のシンプルな魅力を再確認し、こんな場所がもっと増えたらいいのにと切に感じました。

FRAMEではこの度新たにシェアメンバーを募集します。詳細は物件コラムでご紹介していますので自分もこの場所に加わりたい!という方はこちらも是非チェックしてくださいね。

募集物件:九条でシェアして製活を

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
アートアンドクラフト

まだがんばらせてください

HOSTEL 64 Osaka
R不動産の本