更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 体育館とプールの遠く向こうに見えるのは大阪都心の摩天楼。
  • こちらの部屋はC1号棟-1113号。1人暮らし向き。
  • シンプルで使いやすいキッチン。
  • しっかり耐震補強。
  • 新旧が入り混じる共用部。
  • 新しさと。
  • 旧さと。
  • さすがUR。管理良好。
  • 高層階は抜けています。
  • ほぼ敷地内のような公園。
  • 図書館もすぐ。
rent     住宅
団地暮らしのススメ ~プールも、体育館も、図書館も編~
 
賃料: 4万2,300円~6万2,900円
面積: 30.09㎡~41.04㎡
 
所在地: 吹田市出口町34
交通: 阪急千里線「豊津」駅 徒歩8分/JR東海道本線「吹田」駅 徒歩13分
共益費: 2,500円
敷金: 2ヶ月  礼金: なし

“団地”と聞くと、皆さんどんなイメージが湧いてきますか。

高度経済成長期に建てられた、マッチ箱のような建物が整然と並ぶ、いかにも人工的な郊外住宅地の風景? それも間違いではないかもしれませんが、私は団地暮らしの魅力を一言で言うならば、そのスケール感だと思います。


ゆとりを持って配置された建物の敷地内には、豊かな緑や公園、子どもたちの遊び場がこれでもかと沢山あり、学校や保育園が隣接している団地も少なくありません。


今回紹介のこちらの団地は、まさにそのスケール感がハンパないのです。

団地と隣接するのが市民体育館、市民プール、市立図書館、市立保険センターと保健所、市立教育センター、片山公園、神社、大学、老人ホームに幼稚園に障害者作業所まで。


隣接するというか、どこからどこまでが団地の敷地とか住んでいる分にはあまり気にしないので、全部この団地住民のための福利厚生施設なんじゃないかと錯覚してしまいそうなぐらいの距離感です。この充実ぶりは数ある団地の中でも、なかなかちょっと珍しいのではないでしょうか。


こちらの団地は駅から徒歩圏の便利さで、30平米から41平米の広さなので、ゆとりのある1人暮らしをご希望の方や、カップルにオススメです。


便利な都心から落ち着いた郊外へお引越しを検討の方、こちらの団地で公的サービス受けまくりの団地暮らしを味わってみてはいかがでしょうか。




====================


◆本物件はUR都市機構の管理物件です◆

下記から、UR都市機構まで直接お問合せ下さい(仲介手数料不要)


■UR都市機構ホームページ

www.ur-net.go.jp/chintai

掲載の住戸は『片山公園団地_C1号棟_1113号』です。最新の空室確認は下記サイトからご確認下さい。ネットならいつでも内覧申込が可能です。


〈■UR千里営業センター〉

豊中市新千里東町1丁目4番2号 千里ライフサイエンスセンタービル19階

TEL:06-6871-0612

営業時間:9:30~18:00

休業日:水曜、年末年始(12/29~1/3)


■片山公園団地 現地案内所

吹田市出口町34番 片山公園団地C04号棟-104号

TEL:06-6155-7774

営業時間:10:00~17:00(土日祝)

休業日:月から金の平日、年末年始(12/29~1/3)


====================


こちらの部屋はC1号棟-1113号。1人暮らし向き。
シンプルで使いやすいキッチン。
しっかり耐震補強。
新旧が入り混じる共用部。
  
  
>>大きな地図で見る 

担当:ono
 
賃料 4万2,300円~6万2,900円 専有面積 30.09㎡~41.04㎡
敷金  2ヶ月 礼金 なし
償却 なし 共益費  2,500円
所在地 吹田市出口町34
交通 阪急千里線「豊津」駅 徒歩8分
JR東海道本線「吹田」駅 徒歩13分
建物構造 プレキャストコンクリート造11階建て 所在階 1から11階
築年 1972年 取引態様 該当せず
設備 電気(専用メーター)/都市ガス/水道(専用メーター)/ガス給湯(キッチン、洗面、浴室)/キッチン(ガステーブル設置可)/浴室(在来工法、追焚)/トイレ(洋式、普通便座)/浴室とトイレ独立/室内洗濯機置場/エアコン取付可/エレベーター/防犯カメラ/BS/VDSL/CATV
備考 募集戸数:1戸/即入居可/東向きもしくは西向きバルコニー(0.82平米~9.93平米)/駐輪場/バイク置場/敷地内駐車場/プレイロット/UR賃貸/連帯保証人不要/仲介手数料不要/更新料不要/要火災保険契約
情報修正日時 2017年9月1日 情報更新予定日 2017年11月7日
  ※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。