Rトピックス
「レトロビルで開業!」 大阪R不動産がサポートします。
text=小野達哉(アートアンドクラフト/大阪R不動産)

大阪都心には明治大正から昭和のレトロビルが多く残っています。
そうした物件を好んで借り、ユニークに使ってくれる大阪R不動産のお客さんも少なくありません。
単なる懐古趣味? それだけでは片付けられない魅力の理由がある?
というわけで、何組かのお客さんに、どんな物件でどんな使い方をされているのかインタビューしてみました。


これまで大阪R不動産で紹介してきたレトロビルの数々。

Case1 「入居者が思い思いにカスタマイズ」

アートディレクターの大塚憲一さんは西区立売堀の近代建築を選びました。
大阪R不動産で「立売堀クリエイティブ・ヴィレッジ」というタイトルで紹介している物件です。
「物を大切にする気持ちが昔から強くて、誰かが愛着を持って使っていた空間を譲り受けられたら理想的だなぁって。そんな気持ちでレトロ物件を探していたらこのビルに出会いました」


大塚憲一さん。フローリング張替、壁と天井の塗装、照明機器交換等をビルに入居する内装屋に依頼。

この建物はどの部屋も入居者が思い思いに手を加えていて個性が光っています。
通常、賃貸物件で入居者が改装するには家主が工事内容をチェックし、基本的にどんな工事であれ入居者が退去時に原状回復するのが前提で許可となりますが、この物件にはそんな概念はありません。ビルオーナーに聞いてみました。

「最初に本格的な改装を希望されたのは1階の家具屋さんやね。間仕切を取っ払って天井を抜いて、床にタイルや板を貼ってって。その仕上がりを見てホンマにビックリしたんです。え!? あの部屋がこうなるん!? って。 それからやね、センスのいい若い人が来てくれるし、店子さんの好きなようにやってもらった方がビルが活き活きしてくれるような気がしてきたんよ」

そういうビルのスタンスに共感して集まるのは、建築、インテリア、デザイン、広告、アパレル、写真、IT系と、自然とクリエイティブワーカーの方が多くなり、ビル内での入居者同士のつながりにも発展しているそうです。


チーク材にこだわったハンドメイド家具『CITA-CITA』さんのショウルーム。このビルのリノベーション文化はここから始まりました。Design Gallery Cita Citaのサイト

愛着が持てる自分らしいワークスペースをつくり、次の入居者は運が良ければその空間をそのまま受け継ぐことができる。 せっかくのコダワリの改装。杓子定規で原状回復するのではなく、それを気に入ってくれる人がいればそのまま使ってもらえた方がいいに決まっている。この精神は大阪人特有の「もったいない」、「使えるもんは使えんくなるまでとことん使い倒す」という精神が根底にあるように思います。


(左)建築家Hさんの建築設計事務所。造り付けの棚や無垢フローリングは次の入居者に受け継がれる予定。
(右)「FUN/CRAFT」の藤川一真さんのデザイン事務所は画家のアトリエだった頃の内装をそのまま使っています。FUN/CRAFTのサイト